障害年金にはどんな種類があるの?


障害年金が複雑で理解が困難になってしまうのは、制度として3種類あり、請求の種類も3つあり、

 

その組み合わせにより請求方法や揃える書類、請求時期などが異なるところにあると思われます。

 

ひとりひとり異なりますので、ご相談ください。


1.障害年金の制度


障害基礎年金(国民年金)

 

自営業などの第1号被保険者、

会社員などの第2号被保険者、

専業主婦などの第3号被保険者、

 

国内に居住しているすべての方が対象です。

60-65歳の人も含まれます。

1級と2級があり、年金額は定額です。

 

障害厚生年金

 

初診日に厚生年金に加入していた人が対象です。

1級、2級、3級、障害手当金が障害の程度により支給されます。

1級・2級の方には一階部分の障害基礎年金も支給されます。

年金額は収入(保険料)により異なり、その計算はちょっと難しいです。

 

障害共済年金

 

初診日に共済年金に加入していた公務員の方などが対象です。

1級、2級、3級、障害一時金が障害の程度により支給されます。

1級。2級の方には障害基礎年金も支給されます。公務員の方には職域加算もあります。

 

特別障害給付金

 

年金が任意加入だった時代に、加入していなかった方を救済する制度です。

 

初診日が、

①昭和61年3月以前、専業主婦で国民年金に任意加入していなかった人

②平成3年3月以前、学生で国民年金に任意加入していなかった人

 

が対象です。 年金額は定額です。

 


2.障害年金の請求の種類


障害認定日請求=本来請求

 

初診日から1年6カ月後が障害認定日です。

障害認定日に、障害の等級に該当するかどうかを判断します。

年齢による制限はありません。

65歳以降でも、初診日に厚生年金の被保険者であれば、請求できます。

 

遡及請求(そきゅうせいきゅう)

 

認定日請求が遅れてしまった場合でも、障害認定日の翌月にさかのぼって支給されます。さかのぼれる期間は、時効により5年までです。

本来請求のみ、遡及(さかのぼること)が認められます。

 

事後重症請求

 

障害認定日に、障害の等級に該当する状態でなかったが、その後症状が悪化した場合に請求します。

請求日の翌月から支給されます。

請求が遅れても、本来請求のようにさかのぼって支給されません。

65歳に達する日の前日(65歳誕生日の前々日)までに請求すること。

早めに請求することが大切です。

 

初めて2級の請求

 

だんだん複雑で難しくなってきますので、図解します。

 

①一つ目の障害        ②別の障害

3級、または3級より軽い +  障害状態 = 2級以上

 

この場合、②の障害の初診日や保険料納付状況で決定されます。

 

例えば、①は厚生年金3級で②は障害基礎2級の場合は、障害基礎2級(あるいは1級)が支給され、厚生年金は支給されません。

 

65歳までに②の状態であればよく、請求は65歳以降でも可能です。

 

 

障害手当金(厚生年金)・障害一時金 (共済年金)

 

年金ではなくて、一時金です。

会社員と公務員が対象です。

障害年金を請求したところ、3級に達していないと判断されて、手当金・一時金の状態に該当していれば支給されます。

 


障害年金申請・請求の専門社会保険労務士 よしの社労士事務所

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5F KSフロア

TEL 03-6380-8611 FAX 03-6740-7079

E-mail info@cyoshino-office.com