障害年金請求サポートの実績(一部)

今までの相談件数は1500件、障害年金の代理件数は200件を超えております。

 

よしの社労士事務所で代理を行い、障害年金が全く支給されなかった方はいません。

困難な案件にも取り組んでおりますが、受給率はほぼ100%です。

 

よしの社労士事務所が今までサポートした方の一部を紹介します。

 

  • 発達障害 30代 事後重症請求で障害基礎年金2級を受給
  • 慢性疲労症候群(ME/CFS) 30代 認定日請求で障害厚生年金1級を受給
  • 慢性疲労症候群(ME/CFS) 40代 事後重症請求で障害基礎年金2級を受給
  • 線維筋痛症 40代 認定日請求で障害厚生年金2級を受給
  • 感情障害 30代 事後重症請求で障害厚生年金3級を受給
  • 高次脳機能障害 50代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給(遡及)交通事故
  • 高次脳機能障害 50代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給(遡及)脳梗塞
  • 慢性腎不全(人工透析)60代 事後重症請求で障害厚生年金2級を受給
  • 慢性腎不全(人工透析)50代 事後重症請求で障害基礎年金2級を受給
  • 関節リウマチ 60代 事後重症請求で障害基礎年金2級を受給
  • 関節リウマチ 50代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給
  • 脳梗塞(肢体の障害)50代 認定日請求で障害厚生年金2級を受給
  • うつ病 30代 認定日請求で障害厚生年金3級を受給
  • うつ病 50代 事後重症請求で障害厚生年金2級を受給
  • 双極性障害 50代 事後重症請求で障害厚生年金2級を受給
  • 双極性障害 30代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給
  • 統合失調症 50代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給
  • 脳脊髄液減少症 40代 認定日請求で障害厚生年金2級を受給
  • 脳脊髄液減少症 50代 事後重症請求で障害基礎年金2級を受給
  • ガン 40代 認定日請求で障害厚生年金3級を受給
  • ガン 50代 事後重症請求で障害厚生年金3級を受給
  • 脊椎損傷 30代 認定日請求で障害厚生年金1級を受給
  • 難病 40代 認定日請求で障害厚生年金3級を受給、その後額改定で2級を受給

障害年金 請求手続き代理と費用

代理費用は着手金と報酬金」のみです。

請求手続き代理業務と費用については、きちんと契約書を交わして受託しています。

どうぞご安心ください。

最初のご相談(電話かメール)は無料です!

当事務所へご依頼を考えている方へ、最初のご相談(お電話かメール)は無料で承っております。

 障害年金の受給の可能性、請求の種類、請求時期、準備する書類などのご相談に応じております。匿名でのご相談はお受けしておりません。

 

なお、電話相談は15分程度、メール相談は1回のみ無料です。

電話相談:03-6380-8611

メール相談:info@cyoshino-office.com または gmail

ご契約を前提とした「面談」は無料です!

ご契約を前提としたご面談は無料で行います。(着手金に含まれます

 

ご面談時間はおよそ1時間です。

ご面談場所は基本的には事務所を予定しています。

 できれば、ご家族の方もご一緒にいらっしゃるとよろしいかと思います。

 

「発病と初診の経緯」「症状の経過」「現在の症状」をまとめたものをご持参いただくとスムーズです。

障害年金 裁定請求の代理費用

      <着手金>

  契約時に、着手金として、21,600円 を申し受けます。

  当事務所では契約する意思確認の意味も含めて着手金を設定しています。

  着手金の授受で、お互いに「業務開始」の確認がとれるためです。

  なお、病院同行などに追加費用はいただいておりませんので、ご安心ください。

 

  <報酬>

   受給が確定しましたら、以下の報酬を申し受けます。

  A: 確定した年金額の2カ月分

  B: 遡及請求の場合は初回振込額の10%

  C: 130,000円(税別)

 

  A~Cを比較して、最も額の大きい金額を報酬金とします。

  状況(遡及が3年未満など)により、A+Bを報酬金とする場合もあります。

 

報酬をお支払いいただくのは、年金機構より振込があった日(通常は偶数月の15日)から7日以内です。年金振込後のお支払いですから、安心してご依頼いただけます。

 

6年目ですが、今まで一度も金銭的なトラブルは生じておりません。

不服申し立て(審査請求・再審査請求)

 当初よりご依頼の案件(裁定請求より受託)については、追加費用はいただきません

実費の事務諸費用は、申し受けます。

 

(再)審査請求からご依頼の案件については、初回相談は無料です。

契約時に、着手金として54,000円 を申し受けます。

受給が確定した場合、以下の報酬を申し受けます。

 

  <報酬>

 ①.  不支給決定の原処分が取り消され、年金が支給されるようになったとき

   下記、アまたはイの、いずれか多い額

    ア.年金額の3か月分に相当する額

    イ.初回振込金額の20%

 

 ②.  障害の等級が、上位等級に変更されたとき

   下記、アもしくはイの、いずれか多い額、又はウによる額

    ア.原処分の等級による年金額と、変更後の等級による年金額の、

     差額の3か月分相当する額

    イ.変更後の初回振込金額の20%

    ウ.ア又はイの額が200,000円に満たないときは、200,000円(税別)

 

 ③.  認定日請求が容認され、遡及して年金が支払われるようになったとき

    遡及して支払われる額の20%

 

東京都23区以外の場所へ行く場合

 

交通費・日当をいただく場合があります。

宿泊費が発生した場合は、実費費用は申し受けます。

上記について、費用が発生しそうな場合には、事前にご相談して了解を得てから請求します。

 

その他の費用

障害年金の請求に係る下記費用等は、ご依頼者のご負担となります。

当方で立替した場合は、年金事務所へ提出後に精算をお願いします。

 

  • 診断書・医師意見書の作成代金 5,000~20,000円/枚
  • 受診状況等証明書の作成代金 2,000~5,000円
  • 住民票、戸籍謄本の発行代金 300円 「年金用」と言えば無料になる市区町村もあります。  

契約途中での自己都合による解約の場合

契約書を取り交わし、業務を相当進めている状態で、自己都合による解約を申し出た場合、着手から解除までの業務量に応じた報酬をいただきます。

 

ご依頼人の方にとって、最善の方法を進めてまいります。どうしても途中で解約する事情が発生した場合はご相談ください。