精神・知的障害 等級判定のガイドライン 運用開始!

2015年2月より厚生労働省で検討されてきた「精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会」で話し合われてきた「等級判定のガイドライン」の運用が始まりました。

このガイドラインは、あくまでも参考程度ととらえた方がいいと考えます。等級判定は、診断書の各欄を「総合的に評価する」ものです。

就労と障害年金については、今後どう動いていくか、目が離せません。